台風対策

earthwind20140708

近年は地球温暖化の影響なのか台風の発生も多くなっています、特に沖縄においてはこの数年大型台風の発生で様々な被害も多く見られます。

台風によるガラス破壊は「風圧による破壊、飛来物による破壊」が考えられます、建築時には耐風圧計算に基づき設計を行なっており沖縄の建物は本土に比較してサッシ等の窓周りも強固に作られています。しかし近年の大型台風により風圧や飛来物によるガラス破壊が発生しています。ガラスが割れても飛び散らない為にはガラスへフイルムを貼る事で災害を未然に防ぐ事が出来ます。

一般に「飛散防止フィルム」と言っても沢山の種類があり「台風に対しての飛散防止機能はどれが有効なの?」そんな疑問の声が聞かれます。

弊社ではこのように考えます。

台風は横殴りの風に雨水が強い圧力で吹きつけるので引張強度が弱いものは「破れてしまう」

フィルムを貼っていて飛来物等でガラスが破壊(破れた)され時間と共にガラスの破片でフィルムが破れてしまい被害が発生する、それを阻止する為には「破れにくいフィルムを選択する」

下記のフィルムの製品で引張強さの数値が大きい物を弊社としては推奨しています。

※メーカーではアナウンスしておりません。